とめどない無限の雑踏―『カフカ短篇集』より「判決」

なんとなく気になりつつも、なんかよくわからない作家。 それが私にとってのフランツ・カフカ(Franz Kafka)だった。こんなに気になり続けているということは、やっぱり好きなんだろう、と思うのだが、いざ語るとなると難しいのだ。 カフカといえば、やたらと解説書の類が出ている作家でもあり、難解なイメージが付きまと…