Danse Macabre!

海の底からわたしをみつめる眼は、きっといつか沈めてしまったわたし自身の眼なのだろう。

2015-10-09から1日間の記事一覧

エイハブとフェダラー「実体」と「影」―メルヴィル『白鯨』

エイハブについては、ひとつ前の記事でとりあげたので、ここでは専らフェダラーという登場人物について語ろうと思う。この人物が特に描かれるのは小説の後半であるが、実は前半のイシュメールに一人称語りの部分に初登場している(そのことに気が付くのは中…